2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
2017.04.17 月曜日

皆さんお花見には行かれましたか?

桜の見頃も過ぎ、春の陽気が本格化してきましたね

暖かくなって体を動かしたくなっている人が多いのではないでしょうか

 

気温も暖かく動きやすい季節ですが、

冬になまってしまった身体を急に動かすのはケガの原因になってしまう

そうです。

そこで、徐々に身体を動かし慣らしていく為に

私は柔軟を取り入れています

 

身体をほぐすと血行が良くなり新陳代謝が良くなるだけでなく、

肩こりや腰痛等の健康にも様々な効果がありおススメです

 

今回は私が実践している柔軟方法「長座前屈」を紹介します

先ずは、骨盤を立てるように(床に対して骨盤が直角)足を伸ばして座ります

     1

 

 

     2×

:骨盤を立てることで腰と太もも裏をしっかり伸ばすことができます

 

×:骨盤が寝ていると肝心な場所を伸ばせません

背中が丸くなる人は、壁にもたれる様に座ると骨盤を立てるように座れます

 

息を吐きながら、ゆっくりと体を前に倒していきます

     3

 

      

背中を曲げて倒すのではなく骨盤から前へ倒していきます

この時「顔」が足につくのではなく「おへそ」が足につくように意識してください

太もも裏と腰をしっかり伸ばしましょう

 

そして20秒キープしてください。

20秒キープがキツイ人は、最初5秒キープするところからスタートして

だんだんとキープ出来る秒数を増やしていきましょう

 

 後は、①~③の流れを3セット繰り返します

 

 

 

以上私のおススメする柔軟方法でした是非参考にしてください

 

但し、

柔軟は気持ちいいところで止めるようにして毎日続けることが大切なので

やりすぎ等無理はしないで下さいね。

 



2016.09.23 金曜日

みなさんこんにちは

外に出るだけで汗が噴き出てくる季節も終わり、だんだんと過ごしやすくなってきましたね!夏のダメージがそろそろ肌に現れて、ケアに苦労されている方も多いのではないでしょうか?

 

私が最近悩まされているのは、

頬や顎にできる大人ニキビです。

 

大人ニキビは、ストレスや睡眠不足、紫外線等による活性酸素、ホルモンバランスの乱れなどからまずお肌のターンオーバーが乱れます。それにより古くなった角質や過剰な皮脂が蓄積し、毛穴を詰まらせ、アクネ菌が増殖し炎症を起こすことで発症するニキビのことで、何度も同じ場所にできます

 

最近の研究で、

大人ニキビは肌の菌バランスが関係していることが分かりました

 

ヒトの皮膚には、約1兆個の皮膚常在菌が存在します。

 

皮膚常在菌は、

肌にとって有益な成分を産出し、皮膚を健やかに保つ美肌菌

肌あれやアトピーの原因となりうる悪玉菌

一般的にニキビの原因菌として知られるアクネ菌

 

上記3種類(美肌菌、悪玉菌、アクネ菌)が主に存在しています。

大人ニキビはアクネ菌だけでなく、「悪玉菌」が増え過ぎていることも原因だと分かってきました。

 

そこでおススメしたいのが、コチラ

         image

“オードメディカ薬用スキンコンディショナー”

 

なんとオードメディカ薬用スキンコンディショナーは「悪玉菌」を抑えて「美肌菌」を優位にしてくれる“育菌コスメ”

 

毎日使うことでお肌に常在する「悪玉菌」を減らして、「美肌菌」を優位に維持するので、繰り返す大人ニキビを出来にくくします。

 

ひと塗りで「悪玉菌と美肌菌」のバランスを「美肌菌優位」に変えてくれるので、ひと塗りだけでなく重ね付けすることをおススメします重ね付けするとさらに効果がアップします。

 

 

繰り返す大人ニキビに悩まれている方、お試しあれ

 



2016.04.04 月曜日

 

 

みなさま、こんにちは

 

4月に入り暖かい季節になりましたね

 

 

春といえば桜の季節ということで、大阪の万博記念公園へ行って参りました

 

万博記念公園では一年中季節のお花を見ることができ、この時期の園内には9種・約5,500本もの桜が咲き誇っています

 

 

 

天気は曇りだったのですが、沢山の人で賑わっていました

ピンク色がとっても可愛らしくウットリとずっと眺めていました

 

 

 お花見

 

桜並木を見上げるとなんと太陽の塔が見えました

「太陽の塔」と「桜」の意外な組み合わせですが、なかなか素敵な風景でした 

 

 

 

春といえば、花粉の季節でもありますよね・・・

鼻水・くしゃみ・目の痒みさらにはお肌のカサつき・痒み・湿疹など、お肌のトラブルが増え悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

症状がひどいときは皮膚科へ行くのが一番ですが、自分でできる花粉症によるお肌のトラブル対策で私のお勧めを紹介したいとおもいます。

 

 

化粧品の刺激を減らす

花粉症になったお肌は、バリア機能が低下し外部刺激に対して敏感になっています。

今まで使えた基礎化粧品の成分が刺激になることもあるので、低刺激の敏感肌向け基礎化粧品の使用をお勧めします

 

 

花粉が肌に付着しないようにする

肌の露出は避け、メイク時には表面をパウダーファンデーションやフェイスパウダーで覆うようにし、さらっとしておくと花粉が付着しにくくなります。

メイクによって肌の上から1枚膜を作ることで、花粉の刺激を直接受けずに済みます。

 

 

洗浄で花粉の体内への侵入を防ぐ

うがいに加え、眼洗い、鼻洗いをして体の表面や粘膜についた花粉を落とします。

(鼻洗いは水100mLに対して0.9g程度の塩を溶かした、食塩水で行うと痛くありません。)

 

また、帰宅後はすぐにメイクを落とします。できれば髪の毛も花粉が残りやすい箇所なので帰宅後すぐに洗うことをお勧めします。

 

 

 

以上、私がお勧めする花粉症によるお肌のトラブル対策方法です

世の中にある対策法はこれだけではないと思いますが・・・

 

 

花粉症でも、快適に過ごせるよう

みなさまも対策頑張ってください!!

 



2015.10.19 月曜日

はじめまして、

新にコスメソムリエールのメンバーとなりましたちかです

様々な角度から美と健康情報を皆様にお届けしたいと思いますよろしくお願いいたします

 

さてすっかり寒くなって、読書の秋スポーツの秋食欲の秋ですね

食欲の秋、皆様も満喫してらっしゃいますか?

 

最近おいしいものを食べたくて、料理の回数や手間や量が増えて、体に余分な脂肪が付かないかとドキドキしております。

そこで今回は、料理に欠かせない調理油の効果についてご紹介させて下さい

 

 

スーパーの調理用の油コーナーって色んな種類がありますよね?

何が違うのか分りにくいのですが、油に含まれる脂肪酸によって体への効果が全く違うそうです。

 

通常料理で使用されるサラダ油は、味にクセの無い低価格の大豆油やコーン油が使われていてn-6系の脂肪酸となります。

しかしn-6系の脂肪酸は、取りすぎると善玉コレステロールを下げたり、アレルギーを助長したりすることがあると言われています。

 

一方健康食品や美容で有名なオリーブオイルや菜種油、ゴマ油などはn-9系の脂肪酸で健康に良く、悪玉コレステロールのみを減らし、動脈硬化や心臓病などを防ぐ効果があると言われています。

さらに、オリーブオイルやゴマ油は、ビタミンEが含まれていて抗酸化作用がありエイジングケア効果も期待できるそうです

n-9系の脂肪酸は、熱にも強く酸化されにくいので、是非とも炒め物や揚げ物に使ってみてください

 

特に最近注目なのは、亜麻仁油です

ブログ

 

何と亜麻仁油には、魚と同じであるn-3系脂肪酸が含まれていて、EPAやDHAとなり抗アレルギー作用や体の脂肪合成を防いでくれる・・・つまり、油なのにダイエットの効果があるそうですただ、熱には弱いので炒め物に使う際は、短時間で調理して下さいね

 

食欲の秋、皆様の料理にも効果を意識した調理油を是非お試し下さい