2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
2016.11.30 水曜日

皆様こんにちは、るなるなです

今年も残すところ後1ヶ月!

寒さが厳しくなり、冬の訪れを感じる季節になってきましたね

 

先週、私は紅葉を見に京都へお出かけしてきました

丁度見頃を迎え、赤やオレンジに色づいた木々に心が癒されました

この季節にお出かけすると、お肌の乾燥が気になる方も多いのではないでしょうか?

私は特に手の乾燥が気になり、外出時にはハンドクリームが手放せません

 

身体の中でも年齢が出やすいと言われている「手肌」

なんと、顔よりも10年早く老化が進むと言われています

実際に、20~30代の主婦の約3人に1人が

「手肌年齢」が実年齢を10歳以上上回ったという調査結果も…

 

は常に外気にさらされているため、紫外線や家事のダメージを受けやすい部位です。

それに加えて、手肌には老化が進みやすい特徴がたくさんあるのです

 

皮脂腺が手の甲は少なく手のひらにはないため、乾燥が進みやすい

手のひらは角質層が厚いため、乾燥が進行するとひび割れしやすい

新陳代謝が顔より5~6倍遅いため、ダメージが蓄積されやすい

身体の末端で血行が悪くなりやすく、栄養分が届きにくい

肌の伸び縮みが多く、シワやたるみになりやすい

 

このように老化が進みやすい手肌ですが、

ハンドケアを怠っている人も多いのではないでしょうか

せっかくスキンケアやメイクを頑張ったのに、ハンドケアを怠ったせいで

実年齢よりも上の印象を与えてしまってはもったいないですよね

そのため、スキンケアと同様に手もきちんとケアすることが大切です

 

最近私がハンドケアに愛用しているのは、

『リモイストクリーム<リッチタイプ>』

IMG_4154

 

馬油配合のこっくりとしたクリームは、手にのせると体温でとろけて密着し、

乾燥やダメージから守ってくれます

 

ころんっとした丸い容器はコンパクトなので持ち運びにも便利

お顔にも使えるので、スキンケアの最後にうるおいを密封するクリームとして

使用するのもおすすめです

 

皆さんもお気に入りのハンドケアアイテムを見つけて年齢の印象を変えてみませんか

ぜひこの冬のハンドケアの参考にしてみてください

 



2016.06.27 月曜日

皆様はじめまして

コスメソムリエール新メンバーのるなるなです

 

コスメ、美容、ファッションなど、流行りものや可愛いものが大好きです

これからよろしくお願いします

 

6月も中盤に差し掛かり暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

一足先に夏を求めて、先日私はグアムに旅行に行ってきました

 

グアムといえば海

ということで到着初日から水着に着替えてさっそく海へ

グアムの海はとっても透き通っていて、きらきら輝くエメラルドグリーンでした

 

IMG_29512

 

これから夏が近づくにつれて、海、プール、キャンプ、BBQなど

皆様もレジャーに出かけられる機会が増えるのではないでしょうか

そんな楽しいレジャーの天敵と言えば

・・・そう紫外線です

 

私も紫外線対策には注意を払って旅行を満喫していたはずなのですが、

気が付くと体には日焼けの跡が・・・

ちゃんと日焼け止めを塗ったのにどうして

という経験、皆様もされたことがあるのではないでしょうか

 

実は、あなたの日焼け止めの使い方、間違っているかもしれません

以下のような使い方は間違った日焼け止めの使い方です

皆様も当てはまるものがないか、是非チェックしてみてください

 

去年買った日焼け止めを使っている

開封後の日焼け止めは、空気に触れることでどんどん酸化してしまいます

酸化した日焼け止めはお肌に負担となってしまうため、

毎年新しい日焼け止めに買いかえることをおすすめします

 

お出かけする直前に日焼け止めを塗っている

塗った直後の日焼け止めは、充分な紫外線防御効果を発揮できません

お出かけの30分前を目安に塗ることで、お肌に日焼け止めをなじませるようにしましょう

 

乾燥したお肌に日焼け止めを塗っている

乾燥したお肌は特に日焼けしやすいため、お顔は化粧水やクリームなどで、

体はボディクリームなどでしっかりと保湿をしてから日焼け止めを塗りましょう

 

日焼け止めを手のひらで伸ばした後、お肌に塗っている

一度手にとってからお肌に塗ると、手に日焼け止めが残ってしまい、

実はお肌にきちんと塗ることができていません

日焼け止めは塗りたい部分に直接出すようにしましょう

 

SPF値が高い日焼け止めは塗り直さない

日焼け止めは、皮脂や汗によって流れ落ちてしまいます

SPFやPAの値が高い日焼け止めでもこまめに塗り直すことが大切です

 

汗をかいた肌にそのまま日焼け止めを塗り直す

皮脂や汗がついたお肌に日焼け止めはなかなかなじみません

塗り直す前に、タオルやハンカチなどで拭き取っておくことが大切です

 

このように、せっかく塗った日焼け止めの効果が充分に発揮できておらず、

気づけばシミやそばかすが・・・なんてことになると悲しいですよね

正しい使用方法を守って、夏でも日焼け知らずの

透明美白肌を手に入れちゃいましょう

 

皆様もこれからの季節、しっかりと紫外線対策をしながら

存分にレジャーを楽しんでくださいね