2016年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  
2016.02.29 月曜日

こんにちは

 

バレンタインデーにホワイトデー

スイーツの誘惑が多くなる季節知らず知らずのうちに糖質を摂りすぎていませんか?

 

私もなるべく糖質を摂りすぎないように気を付けてはいるのですが、

無性にスイーツを食べたくなるときがあります

 

でも、せっかく食べるなら美味しくて、身体に優しく罪悪感の無いものが良いですよね

ということで、私は手作りスイーツにハマっています

 FullSizeRender

(先日作った米粉とお豆腐のパンケーキ

 

スイーツ作りをしましょう、とまでは言いませんが、

外食の時、お料理をする時・・・少しの意識でお砂糖を味方にしちゃう、上手な付き合い方

について、今回はお話したいと思います

 

 

そもそも糖質って・・・?

お砂糖をはじめ、果物、ご飯、パン、麺、芋類などに多く含まれています

糖質は私たちにとって必要不可欠なエネルギー源ですが、

摂り過ぎると肥満や生活習慣病、お肌のたるみ・くすみ、冷えの原因となってしまいます  

 

そんな糖質ですが、上手く付き合えばリスクは激減

ポイントは、血糖値を急上昇させないこと

糖質の代謝に必要なビタミン・ミネラルも補えると尚良いですね

 

今回は簡単にできる、血糖値を急上昇させない方法をご紹介します

 

 低GI値のものを先に食べる

GIとは、食後の血糖値の上昇度合いを数値化したもの。

GI値が低いほど血糖値がゆるやかに上昇します。食品ごとのGI値を覚えるのは大変なので、

お野菜(イモ類を除く)、海藻類、きのこ類 を先にお腹に入れてしまうのがおすすめ

また、精製された白米や食パンよりも、比較的低GIでビタミン・ミネラル・食物繊維が多い

玄米や全粒粉パンを選びましょう

 

 お砂糖の選び方に気をつける

市販のお菓子やお料理に使われている甘味は、ほとんどが白砂糖

この白砂糖は、精製度が高く、血糖値を急上昇させてしまいます

ミネラルも含まれておらず、身体を冷やすとも言われています

  

そこで、おすすめなのが てんさい糖

血糖値の上昇が比較的ゆるやかで、ミネラルの宝庫

寒い地方でとれる砂糖大根からできており、身体をあたためる効果もあるそうです

さらに!整腸作用があるオリゴ糖を含んでいて良いこと尽くし

 

白砂糖より少しだけ茶色っぽく、まろやかな甘さに仕上がりますが、

お料理にもスイーツにも使えて万能です

(レシピの分量はそのまま、白砂糖をてんさい糖にシフトするだけ

 

他にも、メープルシロップ、ココナッツシュガー、アガベシロップ、きび砂糖、甘酒などを

私はスイーツに使っています

 

まずはできるところから少しずつ工夫して、ストレスフリーに美しくなっちゃいましょう



2016.02.12 金曜日

みなさまこんにちはるいるいです^^

 

真冬の寒さに襲われたり、突然春の陽気になったりと

変わりやすい気候ですが、みなさま体調など崩されていませんか? 

 

お肌や体調も気候によってコンディションが変わるので、

お肌のゆらぎや体調の変化にお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

 

そんなとき、おすすめしたいのが「和食」です

2013年 ユネスコ 無形文化遺産にも登録された和食!

世界の他のお料理はオイルと香辛料で成り立っているそうですが、

日本料理は、塩以外は醤油、みりん、味噌、お酒などの

「発酵された調味料」が使用されています。

 

 

ここで少し、

1000年以上前から日本人のDNAに染み込んでいる伝統の調味料とその美容効果をチェック

(諸説あり)

 

 a

先日母が送ってくれた和食調味料たちです)

 

 

 

【味噌】

醤油とほぼ同じ原料でできている。

奈良時代に醤油にまだなりきっていない発酵途中のものを食べたところ、大変おいしかったので、

「未醤」(みしょう:まだ豆の粒が残っている醤油)として食されるようになったそうです。

大豆の粒が残っていて、大豆イソフラボンも摂取できます。

女子には嬉しい月経不順の改善や、ダイエット効果が期待できるギャバという成分も含まれます。

 

【お酒】

お米を日本麹カビで発酵させたもの。

発酵過程で糖分を分解し、二酸化炭素とアルコールを発生させてできます。

チロシナーゼという美白に嬉しい成分が入っていて、シミやそばかす、お肌のくすみ改善に効果があります。

 

【みりん】

もち米を日本麹カビで発酵させたもの。

発酵過程でアミノ酸やアルコールが発生します。

酵母菌も発生するため、日本酒よりも甘くなるそう。

アミノ酸にはニキビ改善やお肌の保湿、ダイエット、集中力アップが望めます。

 

 

 

 

さて!上記の各調味料の詳細にあった「日本麹カビ」

”カビ”と聞くと「本当に良いの?」と思ってしまいそうですが、

実は、わたしたちの美と健康に欠かせないものなんです

 

日本麹カビは、お米の国、そして梅雨があるなど湿気の多い日本ならではのカビで、

世界中で日本でしかできない菌と言われています。

日本麹カビがお米や大豆、小麦などに付着して発酵が進むと、単品では存在しなかった栄養素が生まれ、

腸に良いと言われる善玉菌も発生するそうです!

そんな調味料でお料理すると、さらに善玉菌が繁殖し、旨味成分であるアミノ酸やグルタミン酸が生まれます。

そして、それを食べると人の体内の粘膜を強くしてくれるのです

また善玉菌の発生が進むと、腸のお掃除も行われ、便秘も改善!

 

また、常に四季を意識し、その季節に応じた旬の野菜や魚を食べることも和食の大切な要素のひとつ

日本人は古来から、旬の野菜と魚を伝統の発酵食品で調理して食べていたため、お肌も髪もキレイだったのだとか

 

 

 

 

このように、日本伝統の調味料で四季折々の食材を調理して作る和食は

私たちの美と健康に効果絶大

 

 

 

海外生まれのカフェやレストランが話題になることが多い昨今ですが、

栄養バランス抜群の、世界に認められた自国のお料理「和食」で、

美肌・健康ライフを目指しましょう

 

 

 

 IMG_1595

我が家のある日の和夕食 肉じゃが、ごまめ、お刺身) 



2016.02.04 木曜日

みなさんこんにちは
ほーりーです

 

2月、、
バレンタインですねーー

 

街がハートだらけになる、可愛い季節

 

会社の近くにある三越のディスプレイですとっても可愛い

 

 IMG_6451

 

百貨店やバラエティショップは季節のイベントによって

店頭のディスプレイを可愛く変えていて、
店頭販促の勉強になりますっっ

 

わたしもなるべくブログに
季節感を持たせたいと思っておりますので、

今日はバレンタインにちなんだ
チョコレートの美容効果をご紹介しますねっ

 

 

チョコレートってカロリー高いし
なんとなく美容の敵みたいな
イメージありませんか??笑

 

もちろん食べすぎは美容にも良くないのですが、
上手に選んで適量食べることで、
美容効果を発揮してくれるのです

 

チョコレートの原料となっているカカオ。

 

このカカオにはカカオポリフェノールという成分が含まれていて、
このカカオポリフェノールが美容に良いとされています

 

近年、カカオが高配合されているチョコレートも
たくさん出てきていますよね

 

このカカオポリフェノールには、
老化の原因といわれる活性酸素を除去する力があるんです

 

よって、カカオポリフェノールにはアンチエイジングの効果があるといえるのです

 

また、カカオに含まれるフラボノールという成分が、
お肌を紫外線から守り、日焼けによる炎症の緩和やしわを予防してくれるそうです。

 

肌に直接つけることでも効果があるそう、、
チョコレートパックちょっとやってみたいですよねっっ

 

また、カカオに含まれるテオブロミンという成分には、
自律神経を整えて、集中力を高める効果や、
リラックスを促す効果があるといわれています

ストレスはお肌の大敵ですからね

 

また、満腹中枢を刺激する効果もあるので
疲れた時や小腹が空いた時に
チョコレートをひとかけら食べて休憩っていうのは
身体にとってもお肌にとっても、効果的なのです

 

このように、チョコレート(カカオ)には
たくさんの効果があるのです

 

 

美容に効果的なチョコレートの選び方のポイント

できるだけカカオ含有量の多いものを選んでください

70%くらいのものだと苦味もそこまでないので、
食べやすいはずっ

 

あと、適量は1日板チョコ1/3程度だそうです

 

ついつい美味しくて食べすぎてしまいますが
糖分の摂りすぎにはご注意を

 

チョコレートで
美味しそうなつるつる美肌
目指しましょーう