よくあるご質問

Go!Leopards

ドラマティックアイライナーを上手に使うコツを教えてください。

まず、まつ毛のすき間を埋めるようにアイラインを引きます。平筆タイプですので、筆先の向きを変えるだけで、極細ラインも太いくっきりラインも理想の目幅が描けます。極細ラインは筆先を立てて、太いくっきりラインは筆先を寝かせるように持ち、太い面を使用します。目尻側をやや長めに引くことでよりデカ目になります。ラインの先をはね上げたり、下げたりすることで目の印象を変えることができます。また、黒目の上部分をやや太めに描くことで丸くぱっちりとした目になります。
次に、アイラインが乾いてから、アイラインとまぶたの境界をぼかすようにパウダーライナーを重ねます。目の際付近を濃く、上に向かって薄くなるようにグラデーションをつけると目元の立体感がアップします。

ふたえメイクフィクサーをうまく使うコツを教えてください。

まぶたの上をコットンやティッシュでふき取り、汗や皮脂を取り除きます。つくりたいふたえラインを決め、うす目を開けた状態で、ラインが中央にくるように液を薄く塗ります。使用量が多いと乾くのに時間がかかり、くせ付もしにくくなります。容器の口で筆をよくしごいて、薄く、ムラにならないように塗ってください。液の色が透明になるまでうす目を開けた状態で待ちます。透明に乾いたら、プッシャーでふたえラインの中央を軽く押さえながらそっと目を開けます。この時、二重のくい込みにプッシャーを押し込みすぎず、軽く当てるようにすると、プッシャーを外した跡がよれにくくなります。続けて、ふたえラインを深く折りたたむように、目頭や目尻の方も何度かプッシャーを押し当てて、二重の形を整えます。
より自然に仕上げたい時は、目尻側を1/3程残して、液を薄く塗ってください。透明になったら、液の塗り終わりにプッシャーをあて、まぶたを折りたたんだら、プッシャーを真横にして目尻に向かってすっと引いてください。 初めてご使用になる時は、腕のやわらかい部分等で練習されるのをおすすめします。まぶたの上で何度も修正をすると、お肌を傷める原因になりますので、ご注意ください。

ふたえメイクフィクサーを落とす時はどうしたらいいですか?

ぬるま湯で十分にふやかした後に、オイルクレンジング以外のクレンジングで落とすことをおすすめします。粘着成分が水溶性でオイルには馴染まないので、オイル100%のクレンジングでは落ちないのでご注意ください。

▲ PAGE TOP